バイクの免許について

バイクの免許と言っても、いくつか種類があります。

自分が乗りたいバイクに必要な免許はどんな免許かを知ってから取るようにしましょう。

バイクの免許は、原付、小型自動二輪、普通自動二輪、大型自動二輪と分けられます。

AT限定二輪免許というのもあります。

原付免許は、学科試験のみで取れ、50cc以下のスクーターに乗れます。

普通自動車免許がある人は、原付にそのまま乗れます。

小型自動二輪は、125ccまでの小型バイクに乗れます。

通勤や通学に利用する程度なら、この免許で十分でしょう。

400ccまでになると、普通自動二輪免許です。

ツーリングや街乗りするのに、中型バイクが欲しいならこの免許を取得しましょう。

そして排気量無制限の大型自動二輪があります。

ナナハンと言われる750cc以上の大型バイクも乗れますし、長距離ツーリングもOKです。

免許を取得する難易度ですが、やはりバイクが小さいものほど簡単で、大きくなるほど難しくなります。

大きなバイクはそれだけ重量もありますし、パワーも半端なくあるので乗りこなすのは大変です。

ですからいきなり大型自動二輪は難しいと言えるでしょう。

まず普通自動二輪で取得し、基本のバイク操作をマスターしてから大型へ進むようにした方が良いと思います。

特に女性が取る場合は、バイクを倒した時に起こせるかどうかも重要です。

普通自動二輪でも400ccまでのバイクに乗れますし、高速道路も走れるので、ここで技術を磨く方が良いでしょう。

バイク知得ネット